冬のおすすめ!防寒ファッションテクニック

定番だけどやっぱり大切

マフラーやニット帽、手袋などのグッズは定番ですが、やはり着用しているかしていないかでは大きく変わってきます。
オシャレが苦手だという方は特に、防寒グッズの色味や系統を統一しておくと良いですよ。
そうしても色々とファッションアイテムを取り入れるとごちゃごちゃした印象になりがちです。
複数取り入れる場合には、色味を揃えておきましょう。

また、ファッションアイテムの取り入れ方が難しいという場合には、トップスなどできちんと防寒できそうなものを選んでおくと良いでしょう。
例えばニットのセーターはタートルタイプを、そして編み目がざっくりしたものより細かなタイプを選ぶなどしましょう。
その他、袖口や裾がぴったりしたものを選ぶなど、外気が入りづらいものを基準とすると良いでしょう。

見えないところで防寒

基本中の基本とも言えますが、保温効果の高いインナーを取り入れましょう。
また、トップスやパンツ・スカート、アウターをデザイン重視で選んで、インナーは防寒重視で選ぶというのが最も手軽にオシャレできる方法とも言えます。
インナーひとつとっても、保温しながら汗を吸い取るようなタイプ、形にしてもキャミソールやタンクトップから半そで・長袖までと選択肢がたくさんあります。
服に合わせて選べると良いですね。

昔ながらの方法とも言えますが、カイロも有効活用しましょう。
インナーの上からひとつ貼っておくだけでも大きな違いです。
また、カイロを入れるためのポケットがついた腹巻なども人気だそうです。
腹巻といってもニットなど厚手のものだけでなく、薄手のタイプもあるので、アウターにもひびかないように着用することもできますよ。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ

TOP